ケーススタディ

お気軽にご相談下さい。 TEL:0120-61-5555 メールフォームはこちらから

弁護士法人ホームズ オフィシャルサイト

交通事故専門サイト

インフォメーション

弁護士法人ホームズ

弁護士 佐藤 高宏
≪第一東京弁護士会≫
〒100-0005
東京都千代田区平河町2-4-13
ノーブルコート平河町204号
TEL:03-6272-6134
FAX:03-6272-6135

相続ケーススタディ

CASE01

父の死亡後遺産分けの話を姉たちとしていたところ、姉の一人が、姉に全遺産を遺すという父の自筆の遺言書があると言って、遺言書の検認を家裁に求めました。ところが、遺言には不備があって、私は遺言は無効だと思いますし、姉一人が遺産を独占することには納得がいきません。私は、どのようにしたらよいでしょうか。

Answer

遺言の不備とはどのようなものでしょうか。たとえば、次の遺言で効力があるものはどれでしょうか。

1. 印鑑でなく拇印を押した自筆証書遺言
2. 日付が平成22年1月吉日となっている自筆証書遺言
3. パソコンにデータとして残してある遺言
4. 認知症で判断能力の劣った父が書いた、全遺産を娘の一人に相続させるとの遺言

自筆証書遺言として有効なのは(1)のみです。
自筆証書遺言は、遺言者がその全文、日付及び氏名を自著し、押印して作成します。
押印は拇印でもかまいません。

(2)日付は確定した日時でなくてはいけません。
(3)自筆証書遺言は、全文が自筆でなくてはなりません。
(4)遺言の意味を分っていないで書かれた遺言は遺言能力を欠き、無効です。

(2)と(3)の形式上の遺言の瑕疵については、相手も遺言の無効を認める可能性が高い傾向にあります。あなたは遺産分けを遺言どおりに行いたくないというのですから、遺産分割調停を家裁に申立て、その中で遺言の無効を主張して、遺言に依らない遺産分けを主張すべきです。

(4)は深刻な紛争になるでしょう。遺言能力の判断は個別に行われ、形式的でなく実質的な争いになるでしょうから、争い方も上記のような形式的な不備とは異なったものとなるでしょう。遺言能力について、遺言が書かれた時点での父の意思能力を疑う証拠を探さなくてはなりません。父が当時かかっていた病院のカルテなどを取り寄せ、そのころ認知症の診断等がされていたか確認する必要があります。遺言の無効は、調停でも争えますが、遺言能力について、話し合いで解決できる場合は通常は少ないでしょう。
話し合いが無理なら、地裁で遺言無効確認の訴えを起こす必要があります。その場合は、立証が可能か否か判断した上で裁判に臨みます。しかし、遺言能力を否定する明確な証拠がないときには、とりあえず遺言の効力は争わず、遺言はあるものとして遺留分減殺請求をしていくか、それともあくまで遺言の無効を争っていくかの判断を迫られることになります。

お気軽にご相談下さい。 TEL:0120-61-5555 メールフォームはこちらから 広尾駅徒歩30秒